激震!

画像


まったく





こういったタイミングってのもあるのでしょう。

ウマくいっているようで突然谷底へ落とされるってのは自分にも起こる事。
(若干の不安はあったのですが…)




ま、内容は『エース』として自分が育て与えてきたシンの脱会。

家庭の事情というかそのへんはここでは言う事でもないので伏せておきますが。

う~ん、なんとも。



自分に納得がいっていないのは、シンと2人で話した際に理由が本人の考えではない点。

当時まだ高校生であったシンは1月の終わりにジムでキックボクシングに出会い、今まで柔道に費やしてきた情熱をこちらにシフトして急成長。

2ヶ月後に挑戦したアマチュアシュートボクシングの全日本大会で-70kgの部で優勝。

以後はなかなか純粋なキックボクシングのアマチュア大会で結果を残せませんでしたが、バンゲリングベイ恵比寿で行われたイベントで2009年のK-1甲子園の -70kg級王者の松倉君と同級生対決をして更に刺激をもらった様子で頑張っていました。

でも。

ジムで頑張っているシンを見て満足している自分とはまた逆に、シンの親はかなり心配なんでしょうね。

体・将来・世間体…と心配するポイントを出せばイロイロとありますが、やはり親は心配しますわ。



ただ2人で話した中であった、また大学に卒業証書をもらうためだけに通う事で4年間の大事な時間を腐らせてほしくない。

この世界は覚悟の量で結果は大きく変わってきます。

人間はのある生き物だから成長するし、「これでいい」なんて場所はないはず。

後悔の無い人生なんて絶対にないでしょう。

「あの時リングで戦う事を選んだほうが今より確実に充実した人生だったんだろうな」と思う10年後かもしれないし、このまま続ける選択をしたら、「やっぱり大学を出て働くって事は世間的にマトモな扱いを受けるんだな」って思う10年後かもしれない。

どっちに進んでも逆はどうだったんだろうと考えるのでしょう。

でも結局どちらを選んだとしても後悔するワケですよ。

であるならば、その時(今)の自分の気持ちにしっかりと正直にいかないと。

シンと2人で話していた際に感じた『自分の言葉』や『自分の気持ち』じゃないところに非常にモヤモヤしたイラつきをおぼえました。

気付いた時にはもう遅いなんて生き方は自分の身内には送ってほしくない。

親になった経験がないから勝手な事を言えると言われればそれまででしょうが、ここは自分の意見をジムのブログといった場所で発表させてもらいました。

親だからって子供に後悔させるような人生を送ってほしくはないはず。

少なくともプロの厳しいリングで頂点を目指すという意味を理解したうえで毎日の練習に挑んでいたシンなんですから「普通でいい」なんて思わないでしょう。



これからも未練を残して普通の生活に合わせて生きていくシンでしょうが、悩んだ末に自分に話した事でスッキリしたのであればこちらもスッキリと送ってやるべきでしょう。



いやぁ~、マイッタ

せっかく完成したばかりのポスターどうなっちゃうのよって話ですわ






そして軽くですがシンの今回の件を聞いた子供達は最後に会うこととなるかもしれない12月19日のアマチュアシュートボクシング東京大会のために頑張って練習中

画像


画像


攻められてガードもできないようじゃファイターとは呼べないってことでガードをした間からしっかりと相手を見れるようにイメージ練習させてます。

練習の始めに、「シンに会う最後の日かもしれないんだから、勝ってカッコイイ自分を見てもらえるように集中して練習していけよ」って言ったらかなり士気が高まっています

サンドバッグに2分間とにかくパンチを打ち続けるラッシュの際にも、今回の大会がアマ初挑戦となる龍空は「試合に勝つ!試合に勝つ!!絶対に勝つ!!!」と自分を盛り立てるように口にしながら連打していました。

なんか小学生にもファイターの気持ち、トレーナーが一番与えたいと思っている気持ちが伝わるんだなあと思ったら見ていてウルッときてしまいました

普段は『熱さ』を出さないトラもそう。

今までは2分間続けていれば終わるからって感じで打っていたのに、今回の練習からはガラリと変わって真剣モードに。



日は違いますが、毎回の補強運動もしっかりと深く腕立て伏せをするようになってきた子供達。

画像


こうした積み重ねがプラスになると本人達にもわかってきたから嫌だと言う人間がいなくなりました。

人間だったり、男であったりの成長が楽しみな身内はこっちにもいたんですね





ま、ジムをやってりゃ様々な人間が出入りするわけですから、いろんな経験をするって事ですわ。

ボヤいてりゃずーーーーっと話せるだろうけど、着地点を見失いそうなのでこのへんで






"激震!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント