KAMINARIMON全日本 2010

画像


力及ばず、全くでございました…





子(この場合は教え子)の責任は親の責任

今回はちっとヘコむ結果となってしまいました。

しっかりとした練習をしていたのもあり、バンゲでの松倉選手との経験もあり、そして相手選手のパターンを探り出して対策を練っていた今回だったので、全くその動きができなかった事にショックでありまして。

思わずヤケになり、ネットにて買い物をしてしまった私でございます




ま、ボヤいても仕方ないのでテンポ良く振り返りましょう。

準備段階では動きのキレも非常に良く、期待をさせるモノでした。

画像


画像


相手が強いのは当たり前。

だから対策もあるし、精神的な煽りをカマすためにもバンゲの選手の応援で松倉選手が会場にいたのは刺激になってプラスに働くと思っていたんだけど。。。




いざゴングが鳴ってみるとシンの頭は真っ白だったのか、セコンドの指示が全く意味のないような動きになってしまい、今回の課題であった右ストレートから入るのも活かせずにペースをつかめず

画像

画像

画像

画像


まだまだ挑戦するレベルではないとは思いたくない。

でも投げがあるからって理由だけでシュートボクシングのリングだけで勝てても意味がない。

SBのリングでしっかりとした打撃の攻防ができるようになるためにもこうしてアマチュアキックの舞台で経験を積んでるんだから、決して諦めずに挑戦していくつもりです

こういった形で負け続きから始まるストーリーだってあるはずだし、シンには必ず自分の実績で松倉選手の前にもう一度立ってほしいといった願いがある。

今回でまだまだ大きな差はちっとも埋まりはしなかったけど、本人が今回の負け方をどのように受け止めてこれからに活かせるかが大事なトコロですから




最近の大森で行われる大会の恒例行事となってきているコースとして、BigBoyで飯を食ってからサーティワンでアイスを食って帰るといった反省してるんだか何だかってコースで今回もシメ。

画像


画像






とにかくこのままじゃ終われんちゅう事ですよ

頑張るんじゃなくて、ヤルんです



"KAMINARIMON全日本 2010" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント