練習は終わりの挨拶までしっかりと

画像


そうなんです。




子供には特に、そして大人であっても練習前には誰にとかじゃなく

「練習お願いします!」

の一言をなるべく習慣にするように期待しています。

リングに上がる際にはみんな一礼してから上がるんだから、それくらいは可能なはず




そして練習が始まったのであれば、パンチやキックを打たずとも縄跳びやストレッチも立派な練習です。

大事なのは、一通り終わったあとの掃除だってそうなんです

斗亜は前半の勢いが維持できないので、後半(特に掃除の時…)なんてのはダルダルです。。。

でもあんまり甘くしても空手や他の競技のようなを教えることができなくなってしまうので、無理にでもやってもらいます。





「先生」「コーチ」などイロイロな呼ばれ方をする立場となりましたが、人間を叱るのは苦手です。

それでも自分の今後の成長のためにもしっかりとやっていきます


"練習は終わりの挨拶までしっかりと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント