大事なこと

画像


11月13日はミチヤの復帰第二戦目が後楽園ホールで





普段の土曜日は18:00までのジムですが、今回は短縮バージョンの17:00でジムを閉めて

でもそこはジムの頭として指導に手を抜かないようにしっかりと。

みんなが練習に来ている日に遊びの誘惑に負けて一週間のノルマ割れをしそうな清龍は今回ひとりでトレーニング

なぜだか練習にひとりで参加する場合ってみんな真面目。

フザケ仲間がいないのもたまにはアリですな。

これも大事なこと。

画像


しっかりと練習するメニューの中には力哉をつかまえての2min×3Rのスパーリングも。

先日のK-1 MAXをテレビで観た清龍は[ 神の目 ]といったキャッチフレーズがお気に入り

画像


頑張る人間を見守った後は水道橋に移動してミチヤの頑張りを。




無理な減量に苦しむことなく調整できたので、調子の良さが感じられる試合前の表情でした。

セミファイナルに登場のミチヤは気合いの背中。

画像


トランクスのカラーによって使えない物もありますが、前日に知ったミチヤは以前のトランクスでコールを受けます。

画像


対戦相手の打馬 王那選手(ワタナベ)はモンゴル出身で、ブン回しのフックが勢いのあるイケイケタイプ。

かなりのパワーで押してくる選手を相手にどうやってシュミレーションしてきたかが重要ですが、力に対して押し返すのではなく逃げるのでもなく、しっかりと見切ることでチャンスを待つファイトでスタートです。

画像


画像


画像


相手の大振りなロングフックをしっかりとかわし、ウチ疲れたところにコツコツと当てていく距離を保ってハラハラさせる展開。

自分なりにジャッジをした感じでは2R・3Rは確実にGET

ボディを効かせて、更にロープに詰めて連打をする場面も多く見られて安心の展開が続いてきました。

終盤には相手の反撃を猛烈に受けて危ない場面もありましたが、6R終了で試合も終了。




結果は57-57、58-57、59-55で相手側に…

へっ

ま、相手選手も所属するワタナベジムが今回の興行の主催であるのでよっぽどの大きな差が無ければ判定勝ちは難しいんですね。

それにしても57同士で引き分けとしているジャッジもいるのに、59-55とは

ジャッジペーパー見せてみやがれコラ

前回といい、今回もまた主催ジムに所属する選手との対戦が続いたミチヤ。

でもこういった時期があるからこそ、本物の強さを手に入れることができるというもの。

頑張って試合をしている選手にとってはたまったもんじゃないけどね。




これを転機に、次の試合が楽しみです。

ウチの人間も本当のの部分を手にしてから技を磨いていってほしいもの。

手先の技術で戦うのではなく、ハートの強さがファイターには大事。

あらためて感じさせてくれる試合でした。




負け惜しみでもなく、勝ってたぜ!

なんせ相手の選手も自分がコールされて驚いてたからね



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック