男の勝負!

画像


シュートボクシングのライトアマ大会が終わってもまだまだ続く格闘技の道。




男は他の男に負けてはいけないのである

試合での対戦相手はもちろん、勝負となったら年齢が違おうと!

トップの写真での帝一(3年生) vs 清龍(2年生)はもちろん、新入会の龍汰郎(4年生)も。

画像


腕ずもうでも競い合う事に関しては譲らない帝一の精神は見習う必要のあるところ。

もちろん子供達の練習時間に腕ずもうをやっているだけではなく、ちゃんと真面目に練習もしています

画像





しかし帝一の負けず嫌いの精神はファイターとして大事なモノで、見習う部分はたくさんあります。

その精神の持つ『』が今回の本題なのです。

ウチのジムとは良い関係で付き合わせていただいているキックボクシングジム「バンゲリングベイ」で定期的にジム内で行われているイベントでシンが戦う事になりました。

バンゲ所属の寒川直喜選手のブログを見た瞬間にコレだと思った自分は早速アプローチ

内容はコチラ ⇒ http://ameblo.jp/samukawabungelingbay/entry-10664538660.html

対戦相手の松倉信太郎選手は2009 K-1甲子園 70kg級の王者

今や10代での70kg戦線では確実に日本のトップ3に入る大物です。

同学年であり、同じ階級にいる者同士、早めに手を合わせておいて実力を知っておくのも今後に役に立つでしょう。

帝一から精神力を学び、練習の意味を自分で考えながら行う事で今回の交流を意味のあるものにしてほしいと思います。

そして一気に70kg級戦線に食い込む意識を持ってほしい!

シュートボクシングの全日本タイトルを獲ったのはフロックだったとならないようにシンにはヤッてもらいましょう



同年代のもうひとり、力哉も大会終了後で初の練習でしたが、髪をイメチェンして次の目標に向けて頑張っていました。

画像


コイツは最初の印象とは違い、意外にも精神力のある男。

次の目標にロックオンし、更に加速していく頑張りを見せてくれるでしょう。

ジム内での楽しみは尽きません



新しい楽しみとして入会者が続く最近ですが、安住のおかげで上手くまわっています。

基本運動・シメの腹筋などもみんなを引っ張ってくれてありがたく甘えてます。

画像


画像


これからバンゲでのイベントやKAMINARIMONの全日本大会の控えるシンには良き兄貴として、そして格闘技の先輩として高い壁である顔もあるのでここでも活躍してもらいましょう。

小さいジムだからこそのチームワークで大手に噛み付く気持ちを忘れずにいきます




とりあえずは欲張らずに冷静に練習を続けていきましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック