連日の充実

画像


疲れも忘れる充実っぷりです。





つくづく人に恵まれてきたなと思う私です

自分の身の回りにいる人間は熱くて良い人間が多く、またその人達を引き寄せてきたし、離れた人間はそうなってみて改めて必要なかったのだと思えるし。

連絡の回数は少なくとも、大事な人とは強い気持ちで結ばれています。
(片想いかな)

そして自分の『引き』によって出会う事のできたボクサー達が初遭遇して、スパーとなりました。

過去に現役当時はお互いにスーパーフェザー級でリングに上がっていた同士の撃ち合いは現役を退いても素晴らしいキレと気持ちの戦いでした。


この2人にミチヤを加えて、ヤスやこれからの若手を引っ張っていってほしいものです。

きっと3人それぞれのタイプの違いや個人の魅力は良い刺激になるはずです。

自分が理想とするジムの形がうっすらと見えてきました。





そして、その若手の中心となるであろう高校生のイムとシンが入会です。

韓国・中国とその『』の熱さに期待もしつつ、

同級生であるアツシにもジャパンのプライドで頑張ってほしいものです。


テコンドーの経験からか、ファイティングポーズが安定していて無難に技を吸収していくイム
画像




パワー先行ながらも、技術をしっかりと身に付けたら恐ろしいファイターになるであろうシン
画像



これからの指導に課題をもって望みたいです。

まずは若手の成長のために必要な基本を早速の『内田塾』から
画像


二ヶ月半ぶりぐらいなのに、いきなり指導まで担当してもらいミツルには感謝です。




更にこの若手達よりも若いチビ達も元気です。
画像


確実に強さによって意見の重さが変わるといった弱肉強食のルールが出来上がった4人の関係ですが、なかなか面白いです。

◆中では古株であるのと、根性の強さでボスの座に君臨するトラ。

◆甘え上手ですが、キャリアの自信はスパーリングを常に求めるほどのメンタルの強さとして持つ帝一。

◆最近入会したばかりなのにパンチのセンスと好奇心で、楽しむ事を優先できるスタイルの清龍。

◆そしてクセ者の大晟

子供には珍しいタイプのスパー嫌い。

これによって、みんなから「ビビり」とからかわれています。

よって番付は大晟が一番下と…。


子供社会にも格差はあるようですが、それでいいんです。

仲良く横並びってのは遊びにおいてであって、2人いればそこに技術や能力などの差は存在するんですから。

ぬるま湯で育てちゃイカンって事ですね。

ま、大晟も男ですし、入会して間もない一年生の清龍に番付で負けているワケにもいかないので、やってくれることでしょう。

その清龍はトラとの兄弟ゲンカならぬ、兄弟スパー。
画像


変な言葉ですが、その名の通りグローブをつけての殴り合いなので健全です。

この若手達もまだまだ伸びるので期待度です




様々な刺激がジム内に影響を与えてきだしているこの頃です。

この波はまだ続いていくでしょう。

次はどこから刺激がやってくるのやら。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

36
2010年03月09日 00:58
オレとは両思いいてください(><)

この記事へのトラックバック