「美しいプレー」とは

画像


先日のスポルトで、元サッカー選手のジダンと中田英寿が対談しているのを見ました。





天才といった表現はイマイチ好きではないのですが、感性でプロとしてゲームと観客を自分のモノとしてしまう2人の対談はとても興味深いものでした。

その中でも自分が一番興味を持ったのは「美しいプレー」といった言葉。

サッカーではボールタッチの柔軟さ、パスを出す際の視野の広さからくる判断力、足先だけでなく全身を武器に相手の守備を翻弄するボディコントロールなどとまだまだたくさんあるでしょうが格闘技にも当てはまる事だと思っています。

自分の目指すスタイルもそうでした。

もちろんそれは師匠である坂詰さんあってのキックボクシングという競技の技術を使っての全身でする表現方法だと思っていますが、やはり華麗に闘う姿はカッコイイものです

これから自分が伝えるキックボクシングの技術は美しさも頭に入れていきたいと再確認しました。

無駄の無い柔らかいステップワーク、大きくしっかりと伸びるジャブ、蹴りが来ると思わせない自然な足技、見えない位置からの攻撃、止まらないコンビネーションなどなど理想を言えばまだまだあります。

お前程度に伝えられんのかってのも思いますが、幸いウチには帝一やトラなどの他にも『気持ち』で闘えるファイターがいますので、ここに美しいプレーをプラスすることで自分の求めていたファイトスタイルに近づけるかもしれません



さすが世界に出て頂点でプレーしていた選手は言うなぁと思いました。

自分も偉そうな事を言いましたが、刺激だけはもらって目線は『世界』ですから






そしてこれから世界を目指す予備軍の補欠で、更に見習いである斗亜は美しさを保つためにまずはジムの掃除を集中してやるところからスタート

画像


完全にキレイになったら「確認お願いします」と言って、その後に自分がゴミが落ちていないかチェックするというもの。

確実に世界を求める美しさとはほど遠い掃除機がけですが、何度もやり直しを食らいながら少しは成長の兆しが見えてきたかも。。。






荒川区から世界はそう遠くないはず


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック